REPORTレポート

その他

中国・敦煌市からレポートが届きました⑨

冬の敦煌へようこそ 中国・敦煌の冬の美しさを心静かに鑑賞

 敦煌は中国甘粛省の西部に位置し、シルクロードにおける燦然とした真珠のような存在です。
 一年を通して変化に富んだ風景を持つ敦煌は、毎年何百万人もの中国人や外国人の観光客を魅了してきました。冬、特に雪が降った後の敦煌は、砂漠が雪に覆われ、数千キロもの氷と雪に覆われた北国の風景が広がり、他にはない独特の光景を見せてくれます。

雪が降った後の月牙泉はまるで仙境のようです。

 砂、雪、枯れ木とエメラルドのような泉が佇み、風が優しく吹き、雪がはらはらと泉に落ちていく。詩的で絵のような美しい仙境は、この地を訪れる人々を魅了しています。

鳴砂山月牙泉風景区では砂と雪が溶け合い、氷や雪の白い世界が広がります。

雪が降ると、観光客は鳴砂山月牙泉風景区に集まってきて、遊んだり、雪景色を鑑賞したりして楽しんでいます。

雪景色には独特の魅力があります。 ネットユーザーからは、「雪が降り積もった敦煌はさらに魅力的だ」という声もあるほどです。

 冬になると、莫高窟の赤瓦の屋根には薄い雪が積もりますが、壁は元の土のような黄色のままで、銀色の雪に覆われた崖とはまた違った趣があります。

 雪の積もった敦煌白馬塔風景区で人々は思いを巡らせ、帰ることを忘れてしまいます。

 雪景色の敦煌党河風物線風景区はロマンチックな雰囲気に包まれています。

 敦煌雷音寺風景区は、雪の中でさらに荘厳で神秘的な雰囲気を醸し出しています。

「君に勧む更に尽くせ一杯の酒、西の方陽関を出づれば故人無からん。」この有名な詩のおかげで、多くの人が古代中国の国境である「陽関」と「玉門関」を知りました。それらは西域への重要な門戸であり、またシルクロードの関所であり、大きな歴史的意義を持っています。

 風雪の中の陽関風景区は、誇りと野心を持って古代中国の国境を守っていた将兵たちのことを思い起こさせます。

 敦煌の月牙泉にある小さな町は雪の中でもとりわけ田舎の情緒を持っており、美味しい料理や雪景色を楽しむ絶好のスポットとなっています。

 冬の敦煌では、雪に覆われた西域の田園風景の美しさをあちこちで見ることができます。

提供:敦煌市文化・観光局
宣伝和節会
2021.12.10

おすすめサイト